2016年02月03日

【1/31】いわきでボードゲームは、セザンヌ会

こんにちは。
例によって、先日行われたボドゲ会の感想?です。

まず、参加者数は15名程度かな。
さすがに長いこと活動しているだけあって、コンスタントに10名以上は集まるようになりましたね。
そのなかで、ほぼ毎回参加される、つまり常連さんは5,6人程度(主催サイド込)でしょうか。
ボードゲームも裾野が広がってます。

以下は、今回、僕がプレイしたゲームについて一言感想。

◯クトゥルフレルムズ
プレイ2回め。
前回は2人、今回は4人プレイ。
ゲーム的には可もなく不可もなく。
とはいえ、今時何ら工夫のないデッキ構築ゲームだけでは、ちと厳しいかな。
テーマがクトゥルフ神話だとしても。
あえていえば、システム的には工夫がない分、分かりやすいので、デッキ構築ゲームビギナ向けか?
場所カードのバリアが強いッス。

◯カウンシルオブフォー
プレイ後に、聞いたのですが、マルコポーロのデザイナの作品だとか。
言われてみれば、かなーり似てます。
プレイ前に、最適解を探すゲームといおうか。
マルコポーロが、秘匿のボーナスカードやキャラ差で、バランス取ってる(多分)のに比べると、やや荒い印象。
先手番が有利に感じます。
まあ、悪くないけど、だったらマルコポーロやるな、という印象。
マルコポーロの方が、勝ち方にバリエーションがある、と思うので。

◯インペリアルセトラーズ
51番目の州のリメイク。
51番目の州は、はるか過去にセザンヌ会長と、プレイしたことがありますが、日本語化はもちろん、テーマやアイコンなどがだいぶ分かりやすくなってます。
とはいえ、これもやり込みゲームですかね。
カードもたくさんあるし、その分毎回違うカードが出るはずだし。
4人プレイで、ローマを選択したのですが、蛮族とエジプトに圧勝されて終わりました。
ソロゲーなのは、分かってましたが、もう少し他人との駆け引きが感じられるといいのですが。

◯世界の七不思議デュエル
科学的勝利は狙っちゃダメ(笑)
科学カードは、あくまでの進歩トークン狙いで行きましょう。
良ゲーです。

◯ムガル新版
日本語版じゃないやつ。
駅舎ルール?が追加されてます。
面白いのは間違いないけど、久しぶりだったので、勘所を思い出すまで、時間がかかりました。
株券の競りと売却に一工夫されているので、所見プレイでの勝利は、難しいかも。
とはいえ、昨今のゲームに比べたらシンプルなユーロゲーム。
この版では、なぜか入札チップが木製のコマ(プエルトリコの入植者コマなアレ)になってました。
やはり良ゲー。

◯オインクゲームズのやつ(お絵かきゲーム)
名前も調べる気にもならないのですが、場繋ぎ的に遊びました。
このシステムにお金を払うのはもったないという意見が出ましたが、そこはそれ。
オインクに対するお布施です。

2月はアークライトから有名ドコロの日本語版ボドゲが出ますね。楽しみ。
posted by maichi at 13:13| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

【1/16】いわきでボードゲームは、セザンヌ会(特別会)

毎度、こんにちは。
1月16日は、セザンヌ会の特別会でした。
まあ、個人的にボードゲームが遊びたかったので今回、急遽特別会を開催しました。
急遽だったにもかかわらず、参加者は10人ぐらいは集まったでしょうかね。
なお、今月31日にも例会がありますので、よろしくお願いします。

新作では、自分で購入したクトゥルフ・レルムズとデッド・オブ・ウインターをプレイしました。
あとは、順不同にローリング・ジャパン、ニェット、世界の七不思議デュエル、ドメモ、ベガス。
まあ、そんなところ。

以下は、プレイしたボドゲの一言メモ。
◯ローリング・ジャパン
いわゆる変則ビンゴ?
駆け引きとか雰囲気はないに等しいのですが、暇つぶし程度にはなります。
だったら、ドメモやるけどな。(ドメモ好き)
日本マップ以外は、拡張ルール?使うらしいので、もう少しゲームっぽくなるのかな。希望的観測。

◯世界の七不思議デュエル
前作の雰囲気やシステムを残しつつ、運と実力が程よくマッチしていると思うゲーム。
個人的な見解では、同じく運と実力のバランスがいい二人用の傑作バトルラインに並びます。
マストバイで、いいと思います。
科学的優勢を狙ったプレイでは進歩トークン(科学シンボル)がないと、勝てないと思うけど。

◯デッド・オブ・ウインター
これ、まず雰囲気ゲーですね。
ゾンビと世紀末的世界観(フレーバー)が半分を占めてますわ。(つまりそれがアウトだと、いろいろ厳しい。)
システムは、ありがちなアメゲーほど壊れてないと思うけど、基本、強い銃を持って高い目出したものが勝つゲームかもね。
続きを読む
posted by maichi at 14:30| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

1月期の購入ボドゲ

今月、購入したボドゲは、以下のとおり。

世界の七不思議デュエル
クトゥルフレルムズ

以上2つ!
posted by maichi at 20:32| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去年購入したボドゲ

やや断片的なBlogの記録と、うやむやな記憶と共に振り返る2015年に購入したボードゲームのメモ。

ミステリウム
ディスタウファー
カルカソンヌゴールドラッシュ
スカルキング
オールグリーン
ファイブトライブス
エジプトカタン
エリジウム
ビースティーバー
くだものあつめ
順不同。

たぶん、もう少し買ってると思いますが、思い出せません。

あ、トワスト好きなので、ゲームジャーナル買ったなあ。あの江戸幕府の黄昏が付録のやつ。厳密にはボドゲじゃないかもですが。

追記
アナ雪ドブル
サンファン14

追記2
第51倉庫
ニェット

posted by maichi at 20:27| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

今年遊んだ個人的ベストボードゲーム。

こんばんは。
いよいよ今年も残すところ、わずかですね。
ボードゲーム熱は相変わらず高まってますが、なかなか遊ぶ機会がありませんね。
なんとか月一では確保してますけど。

実際、買うボードゲームも控えてますが、ゲーム会(セザンヌ会)新作を必ずプレイ訳でもないので、積みゲーが増えていく(笑)

というわけで、曖昧な記憶とこのBlogの過去ログを参照に、今年の(今年、初プレイした)個人的オススメボードゲームをピックアップします!

っていうか、過去ログ見直してて気づいたけど、9月以降更新してないやん(笑)
いわきでボードゲームは、セザンヌ会は、毎月いわき市平で活動してますよ!(フォロー)

最初にベストゲーム!
『スカルキング』
何回か書いてますが、僕はトリテが苦手で、いろいろ挑戦してきましたが、このスカルキングはテーマ、システムが分かりやすく檄オモロ!
まぁ5人ぐらいいないと、面白さは半減すると思いますが。

次点は、『ミステリウム』
わりと新作!
テーマに、個人的思い入れ補正がかかってますが、雰囲気とシステム(ディクシット)がマッチしてますね。
現時点、売り切れらしいですが、非ゲーマーにもオススメできる一品。欠点は、これもやはりある程度人数が必要なこと。
ワイワイガヤガヤよりも静かに、ゆったりと降霊会っぽくプレイしたい。


あとは、順不同に。
コルトエクスプレス
ルーニークエスト
このふたつは、ややパーティゲーム寄りかな。

逆にゲーマー寄りだと、
マルコポーロの足跡
ディシュタウファー
ファイブトライブス
あたりかなぁ。

それと、今年は久しぶりにエルグランデをプレイしたんですが、やはり傑作でしたね。
新作を追いかけるのもいいですが、名作は定期的に遊びたいですねー。

では、たぶん来年!
今年は、あと2回、セザンヌ会がありますよ!よろしく!

いわきでボードゲームはセザンヌ会

posted by maichi at 17:17| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

ボドゲの雑記

前回とかのセザンヌ会での、ボードゲームのプレイの雑記です。
思い出しながらのメモ程度に。
主に初プレイのボドゲ中心で、システムやルールの中身には触れてません。

大丸1︎ハイパーロボット
2人プレイ。
斬新かつ傑作。時間調整にももってこい。
ワーカープレイスメントなゲームもいいですが、たまには軽く頭の体操でも。

大丸1︎ウボンゴ3D
頭の体操が過ぎる(褒め言葉)。
序盤は久しぶりにお地蔵さん状態でした。
まぁソロゲームですけどね。

大丸1︎ビースティーバー
可もなく不可もなく。
ツォッホはコンポーネントがいいね。
ただし、このゲームのカードのデカさは一言言いたくなる。まぁツォッホだし、って言い訳しますが。

大丸1︎ニューヨーク1901
序盤でミスって、いきなり何もできなくなりました。
とはいえルールリングやプレイ時間を見ても佳作ですね。
インタラクションがイマイチと感じましたが。

大丸1︎犯人は踊る
佳作。
もう少し、頭を使いたいかな。

大丸1︎ファイブトライブス
コンポーネントはビジュアル評価が半分を占めます。
あとは、ドイツゲーム的なジレンマ、爽快感が薄い。
とはいえ、ゲームやってる感じは強いので、さほどマイナス評価はしません。

大丸1︎ネプチューン
ルールがだいぶ間違ってたので、再戦したいところ。
コンコルディアに似てるかな、何となく。
これを遊ぶと、そこそこに流行りを取り入れた定番のドイツゲームをコンスタントに出すクラマー&キースリングがいかに偉大か、よく分かる(笑)。

大丸1︎チーキーモンキー
クニツィア万歳!
古代ローマの新しいゲームを通してプレイしたい!


posted by maichi at 15:14| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

【9/21】いわきで、ボードゲームはセザンヌ会

来週のシルバーウィーク、21日はセザンヌ会の活動日ですよ!
いわき市近郊のボードゲームユーザは、お忘れなく!
場所は、いつもの市民文化センターです。
もしかすると駐車場は混む可能性がありますので、ご注意あれ。施設の周りには公共の駐車場かありますのでそちらをご利用下さい。

さておき、先月は2日間に渡ってゲーム会を開催しました。
私は2日目のみ参加。
ちなみに初参加の方が3名いました。

会合から結構たってしまったので、プレイしたゲームはすべて覚えていませんが、初めて、ハイパーロボットを遊びました。
ランドルフはやはり天才だな。

エジプトカタン、欲しいな。
posted by maichi at 20:53| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする