2016年04月22日

4月の購入ボドゲ

ラブクラフトレター
ヴァンパイアクイーン
キングダムビルダー

わりとライトなのを3つ買いました。
重ゲーは、セザンヌ会の周りで買う人けっこういるので、よほど気に入ったやつ以外は買わないようにします。

posted by maichi at 16:57| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

3月の購入ボドゲ

アタッケ

3月はひとつしか買わなかった!

アタッケのリメイク元?のアイバンホーははるか昔にプレイしたことありますが、当時は面白さがよく分からなかったような。
一応、クニツィア好きだし、あまり高くないので、アタッケ購入。
コザイクがちょい前に出したイカロスは、クニツィアだけどイマイチだったけど!
posted by maichi at 15:08| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

【3/21】セザンヌ会活動報告

連休最終日は、いわきで、ボードゲームはセザンヌ会の活動日でした。
今回は、初参加の方は無し。延べ参加者数は10人ぐらい。

僕がプレイしたボドゲは以下のとおり。なお、⚫︎は初プレイのゲーム。
⚪︎バントゥ
⚪︎カルカソンヌ
⚫︎スチームパンクラリー
⚫︎ストロングホールド

スチームパンクラリーは、スチームパンクテーマなレースゲームですね。
ニコラテスラとか、アインシュタインとか、キャラがいて、蒸気機関以外もアリなレース。
まぁ個人的な感想でいえば、バカゲーの括りでしょうか。
システム的には、ドラフトとリソースマネージメント。ダイスロールはオマケかな。
しゃがんで溜めて一気に進む感じ。マジメにやると、しゃがむ分プレイ時間が延びるかな。
実のところ、あまりレース感はありませんが、ヘンテコマシンに愛を感じる破壊欲求ユーザ向け。爆発はロマンですよ!

ストロングホールドは、防御側で負けを帰す。
2回目プレイできたら感想書きます。
マップ(ボード)が見づらいけど。
posted by maichi at 10:30| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

【2/27】いわきで、ボードゲームはセザンヌ会

相変わらず写真も何もなくて、すいませんが、先日のボドゲ会のレポ。自分でプレイした分。

プレイしたゲームのなかでの新作は、
⚫︎ブラッディイン
⚫︎アンドロイドネットランナー日本語版
⚫︎ツーモルトロイヤル
あたりかな。

ネットランナーの評価というか感想は、世間的にはおそらくある程度定まってると思いますが、基本はやり込みゲームですね。
リプレイ前提!リプレイ必須!
今回の初プレイでは、クレジットを延々と貯めたり、カードドローを続けたり、やや冗長なプレイ展開になりましたね。
自分と相手のデッキのカード内容を理解してると、プレイ感も違うはず。

ツーモルトロイヤルは、たいして期待していなかった分、面白かった。
最近のゲームと比較して、やることが簡単なのがイイですね。
資材を集めて、彫像を建てるんだけど、資材の集め方がユニーク。
とはいえ、引き運に寄る部分が強すぎること、値段がやや高いことがネックか?

ブラッディインはアレだ。
ホビージャパンのブログで(笑)。
悪いゲームじゃないけど、思ったより他人との絡みが薄い。
posted by maichi at 11:54| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

2月の購入ボドゲ

マンモス

アンドロイドネットランナー日本語版

ストロングホールド第2版

2人用!重いやつ!
posted by maichi at 11:48| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

【1/31】いわきでボードゲームは、セザンヌ会

こんにちは。
例によって、先日行われたボドゲ会の感想?です。

まず、参加者数は15名程度かな。
さすがに長いこと活動しているだけあって、コンスタントに10名以上は集まるようになりましたね。
そのなかで、ほぼ毎回参加される、つまり常連さんは5,6人程度(主催サイド込)でしょうか。
ボードゲームも裾野が広がってます。

以下は、今回、僕がプレイしたゲームについて一言感想。

◯クトゥルフレルムズ
プレイ2回め。
前回は2人、今回は4人プレイ。
ゲーム的には可もなく不可もなく。
とはいえ、今時何ら工夫のないデッキ構築ゲームだけでは、ちと厳しいかな。
テーマがクトゥルフ神話だとしても。
あえていえば、システム的には工夫がない分、分かりやすいので、デッキ構築ゲームビギナ向けか?
場所カードのバリアが強いッス。

◯カウンシルオブフォー
プレイ後に、聞いたのですが、マルコポーロのデザイナの作品だとか。
言われてみれば、かなーり似てます。
プレイ前に、最適解を探すゲームといおうか。
マルコポーロが、秘匿のボーナスカードやキャラ差で、バランス取ってる(多分)のに比べると、やや荒い印象。
先手番が有利に感じます。
まあ、悪くないけど、だったらマルコポーロやるな、という印象。
マルコポーロの方が、勝ち方にバリエーションがある、と思うので。

◯インペリアルセトラーズ
51番目の州のリメイク。
51番目の州は、はるか過去にセザンヌ会長と、プレイしたことがありますが、日本語化はもちろん、テーマやアイコンなどがだいぶ分かりやすくなってます。
とはいえ、これもやり込みゲームですかね。
カードもたくさんあるし、その分毎回違うカードが出るはずだし。
4人プレイで、ローマを選択したのですが、蛮族とエジプトに圧勝されて終わりました。
ソロゲーなのは、分かってましたが、もう少し他人との駆け引きが感じられるといいのですが。

◯世界の七不思議デュエル
科学的勝利は狙っちゃダメ(笑)
科学カードは、あくまでの進歩トークン狙いで行きましょう。
良ゲーです。

◯ムガル新版
日本語版じゃないやつ。
駅舎ルール?が追加されてます。
面白いのは間違いないけど、久しぶりだったので、勘所を思い出すまで、時間がかかりました。
株券の競りと売却に一工夫されているので、所見プレイでの勝利は、難しいかも。
とはいえ、昨今のゲームに比べたらシンプルなユーロゲーム。
この版では、なぜか入札チップが木製のコマ(プエルトリコの入植者コマなアレ)になってました。
やはり良ゲー。

◯オインクゲームズのやつ(お絵かきゲーム)
名前も調べる気にもならないのですが、場繋ぎ的に遊びました。
このシステムにお金を払うのはもったないという意見が出ましたが、そこはそれ。
オインクに対するお布施です。

2月はアークライトから有名ドコロの日本語版ボドゲが出ますね。楽しみ。
posted by maichi at 13:13| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

【1/16】いわきでボードゲームは、セザンヌ会(特別会)

毎度、こんにちは。
1月16日は、セザンヌ会の特別会でした。
まあ、個人的にボードゲームが遊びたかったので今回、急遽特別会を開催しました。
急遽だったにもかかわらず、参加者は10人ぐらいは集まったでしょうかね。
なお、今月31日にも例会がありますので、よろしくお願いします。

新作では、自分で購入したクトゥルフ・レルムズとデッド・オブ・ウインターをプレイしました。
あとは、順不同にローリング・ジャパン、ニェット、世界の七不思議デュエル、ドメモ、ベガス。
まあ、そんなところ。

以下は、プレイしたボドゲの一言メモ。
◯ローリング・ジャパン
いわゆる変則ビンゴ?
駆け引きとか雰囲気はないに等しいのですが、暇つぶし程度にはなります。
だったら、ドメモやるけどな。(ドメモ好き)
日本マップ以外は、拡張ルール?使うらしいので、もう少しゲームっぽくなるのかな。希望的観測。

◯世界の七不思議デュエル
前作の雰囲気やシステムを残しつつ、運と実力が程よくマッチしていると思うゲーム。
個人的な見解では、同じく運と実力のバランスがいい二人用の傑作バトルラインに並びます。
マストバイで、いいと思います。
科学的優勢を狙ったプレイでは進歩トークン(科学シンボル)がないと、勝てないと思うけど。

◯デッド・オブ・ウインター
これ、まず雰囲気ゲーですね。
ゾンビと世紀末的世界観(フレーバー)が半分を占めてますわ。(つまりそれがアウトだと、いろいろ厳しい。)
システムは、ありがちなアメゲーほど壊れてないと思うけど、基本、強い銃を持って高い目出したものが勝つゲームかもね。
続きを読む
posted by maichi at 14:30| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする