2020年07月17日

7月の購入ボドゲ

トゥキ 5500円
ネゴシエーター人質交渉人 2800円
ガイアプロジェクト 7000円
posted by maichi at 16:35| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

ウボンゴのひとのアレ『トゥキ』を購入した理由

最近は「なんとなく気になるゲーム」程度では、金銭面とプレイする頻度などを考慮して、買わずにスルーすることが多くなり、そもそもゲームのテーマなどの見た目的な第一印象で情報をはじくというか、ろくすっぽルールや内容なども調べもしないでスルーする案件も多くなりました。
そのためネットなどで話題になったことから、なんとなく自分で調べてみて、「ROOTって非対称マルチゲームなの!?やりたい!ほしい!」と、後から悔しがることもしばしば。

そんな感じで、発売当時には完全にスルーした「TUKI(トゥキ)」をつい先日購入したばかりなので、なぜ今さら購入に至ったかを自分の心境を語ります。
この前、メンタルブロックスをプレイする機会があり、「立体系コンポーネントはやっぱり映えるし、面白い。」と思ったこととが第一の理由です。
元々、僕はパズル要素や器用さが求められるバランス系要素などが必要となる立体系コンポーネントのボドゲは好きなのです(得意ではないですが。)
メンタルブロックスは、パズル要素と協力系(不完全系のコミュニケーション)がメインのゲームで、ちょっと前にネットで知って気になっていたメンタルブロックスと同系統の「チーム3」をまずチェックしたのです。
しかし、チーム3はほぼ3人専用だし、協力ゲームよりは個人戦の方が好みなので、チーム3は保留にし、同じ理由(協力ゲーム)でメナラも保留にしました。
ヴィラパレッティが大好きなので、メナラは日本語版が出る前後で、だいぶ購入するかどうかを迷っていた時期があったんですけどねえ。

次にアンテナに引っかかってきたのがトゥキですね。
トゥキはよく調べてみるとパブリッシャーはアズールで売れたプランB(ネクストムーブ)ブランドだし、デザイナーはウボンゴの人だし、「これはまあハズシはない!」と確信した次第です。
ウボンゴは言うまでもなくテトロミノ系の代表的なゲームで、僕も少し前に、よく遊んだことがある思い出のゲームですね。(ちゃんとウボンゴなんかもプレイしてるんです!)

トゥキはメカニズム的に言えば、ウボンゴ的なパズル寄りのゲームだと思いますが、基本的にのウボンゴとは似て非なる感じで、立体コンポーネントにより、若干のバランス要素を加味した僕好みなゲームじゃないかと思い、急に購入欲が沸騰し、購入に至ったという状況なのでした。
まあウボンゴ3Dという選択肢もあるのかもしれませんが、3Dはムズい!そしてトゥキのアートワークの方が洗練されている!ので(それとまだ日本語版が出ていない)ね。

ちなみにパズルなので、どうしても解けない人向けにネクストムーブのウェブページに回答を載せているようですw

posted by maichi at 10:36| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

6月の購入ボドゲ

カートグラファーズ 4000円
イエローストーンパーク 10500円
スカルキング 1800円
unrecorded siege 12000円kickstarter

6月も大量にボドゲ出るけど、むちゃくちゃ欲しいのはないので、なるべくポチらないようにしたい!
posted by maichi at 09:56| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

ワレスワレサー、翠色の習作

ブログのネタがない!
なんかちょこっと書いては、そのまま放置というのが多い。
まあ、気持ちを切り替えて(久しぶりに)最近遊んだゲームの感想を書きます。

「翠色の習作」
この前、ブックマーケット福島北店の駿河屋コーナーで見かけて、衝動買いしたゲーム!思いのほか安かったので!
やはり価格が安いのはある意味正義だな。このゲームが出た当初は、色物としてスルーしたけど、一周回って興味が出てきたので安さにつられて(3000円ぐらいでした)購入。
ちなみに原作者のニールゲイマンはよく知らない。
でもデザイナーがワレスなのはもちろん知ってます。1年以上前にオーズトラリアをプレイしてるしね!考えてみるとワレスって、クトゥルフもの好きなのかねえ。
それとカードのイラストは、ラセルダのゲームで名を馳せたイアンオトゥールでした。あラセルダ自体、つい最近知ったんだけどね。オンマーズとエスケーププランなどで。にわか万歳!
ボックスアートもイアンオトゥールが描いていたら、また違った印象になってに違いない。

翠色の習作のガワの話ばかりではなく、一応中身にも触れましょう。
これは一応、メインのメカニズムはデッキ構築で、それにいろいろな要素が加わってます。
半協力と正体隠匿要素もそれなりにありますね。
プレイヤーは、クトゥルフ側と人間側に分かれて、具体的にいうと、イギリスの各都市(スペース)には敵や有効なカードが配置されるので、そのカードを手に入れたり、敵を倒したりするために、エージェントなどを派遣し、その都市のマジョリティを取っていくというものですね。
その過程でクトゥルフものらしく、狂気に陥いる展開もあり、あとはお互いの陣営の足を引っ張り合うわけです。
メインはデッキ構築と言いましたが、実際のところ使えるカードを狙って、デッキ構築できるかというとできません!カードを得てデッキを強化している間に、終了のトリガーが引かれることが多いような気がします。わりとあっさり終わる。
だからこそ公称60分ゲームだし、実際に60分前後で終わると思います。そのところを物足りないと見るか、ブラッシュアップ不足と見るかはまあ遊んだ人の価値観でしょうか。
個人的には、なんか不思議な感じのゲームでしたね。
たぶんゲームそのものとして見るなら、オーズトラリアの方がよくできていると思います。
つまるところ、個人的な印象、感想で言えばバカゲーですかね。
なんせホームズ VS クトゥルフだし!

posted by maichi at 00:33| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

5月の購入ボドゲ

オリフラム 2800円
ロボトリック 3000円
フェアリータイル 1800円
一号線で行こう 9000円
翠色の習作 3000円
monumental 120ユーロぐらい
アステロイド 5000円

近所の古本屋であるところのブックマーケットがエーツー傘下で、最近リニューアルして駿河屋色を強めて、ボドゲを取り扱うようになったので想定外の散財。
それとkickstarterのモニュメンタルがようやく無事に届いた。
アステロイドは、いわゆる郷愁で買うボドゲよ。
posted by maichi at 17:11| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

欲しいボドゲとどうやって折り合いを付けるか

とりあえず6月に出るマラカイボは欲しいなあ。
でもモンバサも難しかったし、GWT も7割ぐらいしかルール理解してないし、どうなんだマラカイボには付いていけるのか、などと迷っているときが一番楽しいですね。
残念ながらブラックアウト香港は未プレイですけど。

5月はあまりプレイする機会もないので、重量級のボードゲームはなるべく買い控えるつもりでいます。
つい先日、某ショップに横浜商伝が入荷してたのを見かけて、心が揺らいでいますが、どうしても今、買うゲームなのかと客観的に考えると、ためらいがありますw

次にいつ買えるか分からないので、積みゲー上等と「とりあえず買う」というスタイルは金銭的にも収納スペース的にもきついので、そのゲームをどの程度欲しいのかをいろいろな側面から自分の中でランク付けして、買うか買わないか決めるようにしてます。
今月末に Kickstarter のモニュメンタルが届く予定なので、それがあると言い聞かせて、重ゲーは保留していかないとなー。ルールも訳さないといけないし。

そんなわけで今のところ、この5月に購入予定なのは、オリフラム、ロボトリックですね。
まあカードゲームなら気軽だし、タイル抜くような手間もないし。

posted by maichi at 05:23| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

4月の購入ボドゲ

ハダラ 5000円
ドラダ 10000円
エイリアンフロンティア 12000円
ザ・クルー 3000円
クワァークル 2500円
ワードスナイパー 2000円

ドラダは、ヤフオクにて購入。
勢いで入札しちゃったけど、今まで見てきたなかでは、中古の程度などからして、相場よりは高かったかな。
エイリアンフロンティアはkickstarterの新版で全拡張入り。

クワァークルとワードスナイパーは家族とステイホーム用のファミリーゲーム枠。
posted by maichi at 05:52| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする