2019年10月17日

グルームヘイブンを買う予定なのだが!

グルームヘイブン日本語版は、今のところ俄然購入予定!

そのため予価3万円で踏んで、7月から毎月5千円貯金しているというまめさ!

しかし!

時折頭をよぎるのは、買ったところではたしてプレイする機会があるのかどうかということ。

グルームヘイブンに限らず、レガシー系やキャンペーン(連続) シナリオを有するストーリー重視のボードゲームは、やっぱりある程度決まったメンツで継続してプレイして、物語を楽しむゲームだと思うのよね。

僕は現在、月に12回はボードゲームを遊ぶ機会があるんだけど、基本は(自分で開催している FOG 会も含めて)、近隣のボードゲームオープン会に参加してのプレイという形ばかりなんです。

ぶっちゃけ、オープン会ではキャンペーン系のボードゲームは遊べないというか不向き!

参加者も固定しないし、1日中同じゲームばかりもしてられない(少なくとも僕自身はオープン会では、いろいろなゲームをいろいろなメンバーと遊びたい派)。

そうなるとやっぱりクローズ会で、メンバー募るしかないのかなぁなどと思うわけですが、グルームヘイブンってボードゲームよりはかなり RPG 寄りなので、ユーロ系のボドゲユーザへの求心力が無いんじゃないかと思うのね。

ボードゲームも裾野が広がっているので、パーティ派(エンジョイ勢?)、ガチ勢、TCG勢など(適当な分類です)、一言でボドゲユーザっても、プレイする層がいろいろなので、はたしてグルームヘイブンがどの層に受ける(というかプレイできる)のかというと、やっぱり TRPG 勢なんじゃないかと考えるわけ。

でも RPG RPG でもライトノベル的ファンタジーではなく、かなり洋ゲー的世界観だから、そういった好みとかを考えると、参加者はわりと限定されるんじゃないかなぁ?という悩み。

誰か、グルームヘイブン日本語版、発売されたら一緒に楽しみましょう!!

posted by maichi at 17:08| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

今月のボードゲーム所感

ここ数か月で(初)プレイしたゲームのインプレッション。

12回しかプレイしていないゲームがほとんで、プレイを重ねればやり込めば、当然印象も変わると思いますが、まあ個人のメモ的感想です。


ブラッドレイジ

ヴァイキングが勢力争いをする陣取り系のアメリトラッシュ風ユーロゲーム。

なんだかんだ言ってもヴァイキング!フィギュア!強カード!、これに尽きる。

とりあえず神話モンスターのフィギュアでゴリゴリ言わすだけで楽しい。

基本、カードゲームなのでカードの種類(強カード)を知っていた方が強い。


商売往来

かわいい(?)動物イラストとは裏腹に、場札を見て、最適解を探していくシステマチックなゲームで、ミニマムなエンジンビルドと言おうか。

宝石の煌めきのそうだけど、商売しているというテーマ感は薄い。

交換ルールが直感的に分からない、暗算が苦手な私としてはサマリーがほしい!


エマラの王冠

これは正直、私には難しすぎた。

アクションカードは9枚あり、1手番で使える3枚をプロットして、2つあるアクションスペースを移動し、そこのアクションを効率化を考えて行動していくのだが、やらされている感覚が大きくて疲れる。

爵位カード(王冠)を個人ボードのキャラの頭上においていくのは面白い。


ポンジスキーム

このゲームは負けないプレイが勝てるプレイかもしれないという気づき。

勝ち筋を具体的に言うと、4枚め以降のファンドカードの闇取引がキモ。

ただし、堅いプレイヤー同士の闇取引だと、ファンドカードがお互いを行ったり来たりす

るだけになりがちかも。

いろいろな意味で人を選ぶゲームだけど、一度はプレイしてもらいたいゲーム。

posted by maichi at 19:44| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

10月の購入ボドゲ

ツォルキン日本語版 7000円
ツォルキン拡張予言と部族 4500円
ポンジスキーム 6000円

月が変わって早々に購入。
軽いのとか勢いで買いそうになるけど、ガマン!
posted by maichi at 21:01| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

ハンディや手抜き

熟練者が初心者と一緒の卓でプレイするとき、手抜きあるいはハンディを付けるかどうかですが、主観では、手を抜かれるのも嫌だし、競技ではないのだから、ハンディも付けられるのも何となく嫌。

本音で言えば、熟練者には卓に混ざらないでもらって、いわゆるアドバイザーをしてもらいたいかも。

まあ、重ゲーほど、卓を成立させるための人も少ないし、長時間をアドバイザーだけで過ごすのも辛かろうなので、経験者は分からないように手を抜くか、あるいは長考しないノータイムな早指しでプレイしてちょうど、というふうに考えます。

なので、本当に初心者とプレイするときは、まず褒める、普段やらないプレイ(強手ではないプレイング)などで、それとなく手を抜くこともあるかな。

まぁ私はノンリプレイ派なので、歴は長くても強い熟達したユーザではないので、手を抜くような場面はほとんどありませんが。

posted by maichi at 12:11| アナログゲーム雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長考

長考はどちらかといえば、比定派。

私個人は局面によっては、ゲーム中に23回は長考するけど、私はほぼ決め打ち、早打ちです。

盤面がころころ変わるゲームは、ダウンタイム中に考えておくのが難しいと思うけど、ある程度は行動方針を考えておいてほしいと思いますね。

まあ、重・中量級のゲームで初心者がいる場合、どうしても長考がちになると思うので、そういうときは卓の参加人数を減らして(つまり最大人数ではプレイしない)、なるべく時間がかからないように手配します。

ゲームに慣れてない人は時間がかかるのも致し方ないと思うのですが、慣れてる熟練者はねぇ。秘匿情報がないゲームは考えれば、考えるほど有利になるはずなので、競技レギュレーション的なプレイならともかくカジュアルにサクッとプレイしたいかな。

posted by maichi at 12:06| アナログゲーム雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

オープン会、クローズ会

知ったメンバーと知ったゲームをプレイするクローズ会の方が明らかに楽しいと思うんだけど、オープン会で知らないメンバーと遊ぶのもいろいろな刺激を受けて、楽しい。

ゲームのインストなんかは、オープン会の方がいろいろなレベルの人を相手にする分、上達すると思うし。

そうなるとクローズとオープンを交互に参加できればよいのだけど、現状、地元にはクローズ会がない(と勝手に思います)状態なので、それも厳しい。

よって今、私が個人で、かつ有志の協力を得て開催しているFOG会は参加者が少ないこともあって、半オープン半クローズみたいなかたちになっています。つまり参加者が偏るとクローズ寄りだし、フリーの参加者が多いければ、オープン会寄り、といったふうに。

参加者はオープン会とクローズ会の違いを、こちらが考えるほど認識していないと思いますが。

posted by maichi at 08:35| アナログゲーム雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ゲスクラブ、エマラの王冠の所感

新作であるエマラの王冠とゲスクラブの感想。

ゲスクラブは、プレイヤー間の考えを読んで、答えを合わせるパーティゲーム。
いわゆる大喜利系かと思ったけど、回答合致数を当てる賭けという要素が加わり、案外ゲーム寄りなシステム。
B093FECD-57D5-425A-B808-692B27A8CFF0.jpgB9EFF632-8F35-4DEC-83D6-A967237B9695.jpg
とはいえ、賭けで得られる得点が大きすぎる気がするわけ。
ディヴィナーレのように、予想枠の隣でも得点できてもいいかもね。
ネガティブなこと言うと、大喜利とゲーム性、どちらも中途半端?

エマラ王冠。
デッキというか限られたアクション(移動)カードを使って、ふたつある円環のアクションスペースを実行していくゲーム。
ラウンド数が限られているので、あらかじめ先を考えたプレイが要求される、かも。
そのへんが悩ましく、面白い!
5BC3FDFE-002D-48D1-99B1-F8494555FA22.jpg2D931E77-7975-4705-A19C-EF55AADC7BCC.jpg
むちゃくちゃ面白い要素とか、盛り上がる要素はないのが残念だけど、それなりの時間とプレイ内容で、上級者向けのゲームを遊んだ気になるのもいいね。

長考しがちなゲーム内容だけど、デザイン的に短くなるようにデザインされてるのがヨイ。

このプレイ時間と内容では、名作が結構あるので、それらと比較するとはてさて??

posted by maichi at 11:43| ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする